日経225先物、日経225ミニの口座開設を行う個人投資家が年々増加しています。 いよいよ「投資は必須」という時代が本格的にやってきた気がします。
ほとんどもらえない日本の利息。今の日本では、たとえ1,000万円預金していても、年利0.001% 、 もらえる利息は ひょっとして100円。。。?!
これだけでも十分投資を考える理由になりえますよね。お金がある人ほどそう考えるのではと思います。

日経225

東証一部上場銘柄のうち、市場を代表する225銘柄の株価を対象とした株価指数のことです。日本経済新聞社が日々算出・公表しており、「日経225」と呼ばれているのは225銘柄あるからです。

日経225先物

日経平均株価(日経225)を 対象とした株価指数 先物取引のことで、対象となる商品(日経225)をあらかじめ決められた期日(満期日)に現時点の価格で売買することを契約する取引のことをいいます。
つまり、日経平均を個別銘柄と思えばわかりやすいです。
そして、株の先物取引とは、将来の一定の期日(限月)に、現時点で取り決めた条件(その時点の指数の売買価格)で買ったり、売ったをすることを約束する取引です。 つまり、日経225の指数を、一銘柄と考えて、買ったり、売ったりするのですが株式投資と違うのは、限月という“◎月までに、取引を終わらせてください” と 期限が決められているのです。 日経225先物取引の取引期限月(げんげつ)は3月・6月・9月・12月と決まっていて、限月の第2金曜日の前日が清算日となり、この時の清算価格がSQといわれるものです。 また、証券会社を通じて大阪証券取引所に注文を出し、そこで取引されている日経225先物の価格で、買ったり売ったりすることができます。買い注文と売り注文が合致して取引が成立することを、約定といいます。

日経225ミニ

大阪証券取引所が2006年から始めた新しい株価指数先物取引。日経225先物取引の取引単位・証拠金を10分の1にし、個人投資家が気軽に参加できるようになりました。 取引単位は、日経平均株価(日経225)の100倍を1単位として取引します。これは日経225先物の10分の1です。

日経225ミニの魅力とは?

なぜ今、日経225先物という投資商品が沢山の投資家たちから注目を集めているのでしょうか?
それは個別株と違って銘柄を選ぶ必要がなく「売り」と「買い」の差益で利益を出すシンプルな取引が出来て初心者の方も手間が掛からないことにあります。またレバレッジが高いことも魅力です。
日経225先物取引は将来の日経平均株価が上がるか、下がるかを予想する取引になります。 例えば日経225ミニを1枚を売買する資金は約7万円(証拠金は変動します)とすると1枚で売買した場合、たった10円の値上がりや値下がりでも1,000円の利益です。10枚で運用した場合ですと1万円の利益になります。
つまり、「買い」からでも「売り」からでも取引ができるため、上昇相場・下降相場のどちらにもチャンスがあります。
このように小額の資金でも、「買い」だけではなく「売り」でも同じ感覚で利益が出せる日経225は、不安定な地合いでも資金を効率よく運用できる投資商品として注目を集めるようになっています。

日経225先物と日経225ミニ 概要比較

項目日経225ミニ先物日経225先物(ラージ)
取引対象日経225指数日経225指数
構成銘柄東証1部(225銘柄)東証1部(225銘柄)
取引時間8:45-15:15
16:30-翌5:30
8:45-15:15
16:30-翌5:30
取引最終日各限月の第2金曜の前営業日各限月の第2金曜の前営業日
取引単位日経平均株価指数×100倍日経平均株価指数×1,000倍
呼値の単位5円(1ティックは500円)10円(1ティックは10,000円)
SPAN証拠金
(2020/1/5現在)
72,000円/1枚720,000円/1枚